Sadayuki は こんな人

quote : 2017-10-06 03:46:54 GMT

では現在、核拡散防止条約は意味があるのか? 機能しているのか? 北が核を持つのは甚だ迷惑だし、それが世界中に拡散するとしたら、いつかはそれがアフリカなり中東で使われることにもなる。あるいは旧東欧で。中東で使われるということは、イスラエルがターゲットになるということです。アメリカとしては、このもめ事を極東に封じ込めてイスラエルを守りたいというのが本音でしょう。  しかしそれでは、日本の安全は確保できない。ではもし核拡散防止条約が無かったら? あいるは、もっと緩やかに機能していたら、北朝鮮問題はどうなっていたか? 恐らく、北への経済制裁は無かったか、甘く、北の経済はそこそこ発展して、ひょっとしたら改革開放で、今頃、あの独裁政権は倒れていたかも知れない。  今この時点で、核拡散防止条約や各種原子力協定を緩めて、事実上、北の核開発を容認したらどうなるか? それは北の一方的な勝利を意味することは間違い無い。  しかし一方で、それは日韓の核武装も可能とし、極東アジアでは、MAD理論による安定が確保されることになる。米朝間に於いてもMAD戦略が機能し、当然経済制裁は終わるから、北は、単なる独裁国として繁栄し、ものと一緒に情報も入ってきて、政権はより脆弱になる。  豊かになった北朝鮮は、その繁栄を失うまいと、核の拡散は思いとどまり、結果としてイスラエルの安全も確保されるかも知れない(それとも、イスラエルにこそ北の核開発拠点の空爆を要請すべきか?w)。
逃げる総理: 大石英司の代替空港