Sadayuki は こんな人

quote : 2017-11-10 03:17:22 GMT

そんなiPhone Xについてアイブ氏は、「iPhone Xで注目しているのは、その機能性がソフトウェアにより決定づけられるという点です。そして、ソフトウェアは流動的な性質を持っているので、iPhone Xはソフトウェアの変化と共に進化を続けるでしょう。今から12か月後、iPhone Xは現時点ではできないことも実行できるようになっているでしょう。私はそれこそが特別なことだと思います。我々はiPhone Xの変化を振り返り、開発中の製品にとってもそういった点が重要なポイントであると考えるでしょう」と語っています。

これはつまり、現時点のiOS 11やアプリケーションではiPhone Xのハードウェアで実現可能なすべてを引き出せておらず、今後1年間にわたってOSがアップグレードされ、新しアプリケーションが登場するにつれて、より便利であったり魅力的であったりする機能を引き出せるようになるとアイブ氏は確信しているわけです。

iPhone Xは1年で完全に見違える、とAppleのジョナサン・アイブがコメント - GIGAZINE