Sadayuki は こんな人

photo : 2018-06-11 09:18:52 GMT

カーボン・エンジニアリングのプラントでは、空気を水酸化カリウム溶液を含む塔に通すことで二酸化炭素を炭酸カリウムに変化させ、その後さまざまな処理を行って炭酸カルシウムの塊にします。炭酸カルシウムは過熱すると酸化カルシウムと二酸化炭素に分離するので、二酸化炭素だけを取り出して圧縮し、パイプラインを通して地下に埋められています。カーボン・エンジニアリングは将来的にこの二酸化炭素を使用して燃料を合成する計画をたてており、キースさんによると燃料はリットルあたり1ドル(約110円)以下で生成できるとのこと。このようにプラントを最適化した場合に二酸化炭素の処理コストを1トンあたり94ドル(約1万円)まで低くできるとされています。

(空気中の二酸化炭素を吸い上げるコストは意外と安い - GIGAZINEから)