Sadayuki は こんな人

text : 2018-07-12 12:18:08 GMT

“金なくて腹へって食い逃げすることは仕方がないかもしれません。 どうしても眠くて居眠りしてしまうことはあるでしょう。 性欲については自分で抜いてればいいわけで、第三者に対してなにかするやつは「そいつがおかしい」のです。 思い切り飲んでしまいました、車のりました、は酒じゃなくて「そいつ」が悪い。 徹夜で運転しつづけて、事故りました、は睡眠じゃなくて車止めない「そいつ」が悪い。 その手のゲームやりすぎた、アニメ見すぎた、そんで第三者に欲情して何かやったら「そいつ」が悪い。 だから善悪の区別のつかない子供から酒や車やポルノは遠ざける。 つまり、大人に対しては「何か」がわるいのではなく「そいつ」が悪いだけなのです。「何か」が悪いという主張を受け入れるのならば、それはすべてのことに対していえるのではないでしょうか。 (覚せい剤とか大麻とかは「何かが悪い」に該当しますし、日本ではほぼすべての人間から遠ざけられています) 成人については「コンテンツのゾーニング」と「対象となる人間のゾーニング」が混同されているような気がしますよ。 コンテンツのゾーニングについては見たら気分が悪くなるホラーとか、てんかんを誘発するとか、そういうのを区別するゾーニング、というのは理解できますが(美少女ゲームなんか気持ち悪いよゾーニング、というのはわかります) 見た人間が犯罪を犯すようなコンテンツのゾーニング、というのはまったく理解できません。 それはコンテンツのゾーニングじゃなくて対象者のゾーニングだと思うし、18歳以上という年齢での区切りがまずければそれを変えるべき、ということだと思います。 プレイする前に心理テストなり発達テストなりやって心身ともに正常な成人であるという「対象者」のゾーニングをやるとかね。”

陵辱系ゲームソフトに対する自主規制を決定、製造・販売が禁止に - スラッシュドット・ジャパン (via ssbt) (via tohya)

きっと、規制する側の人間もそのことは気付いているんじゃないかな?

ただ、規制することでお金もらえるから変な理屈を付けてがんばっているんだろう。

(via dogking) (via theemitter)

(via nashi-kyo, nashi-kyo, petapeta)

(via yasaiitame, yasaiitame)

(via yaruo, yaruo)